読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mr.トーマのアニマリュージョン!ブログ

アニマリュージョン!は熊本県阿蘇のカドリー・ドミニオンで行われているファンタジックアニマルショーです。このブログではショーだけに関わらず、広く地域情報や動物訓練に関しての話題を提供しております。

シェパード犬「ハチロー」

ブログの8回目を記念して(?)今回ご紹介するのは、シェパード犬「ハチロー」君です。ハチローは、私にとっては特別な犬です。

 

私はもともと、クマのショーのトレーナーでした。ある時、大きな心臓の病気で手術をしてクマのトレーナーを引退しました。正確には、半年後に一応ショーにはさりげなく復帰したのです。しかしその後、パートナーだったクマが高齢の為に引退して、私が取り残されました。

 障害者手帳をもらうくらい大きな手術だったので、次のクマを訓練する許可はもらえませんでした。クマどころか、自分で直接動物の訓練をするのもダメだと言われました。

そこで粘りました。「体は必ず回復させます。そして、どんな動物でも訓練期間が必要で、最低1年はかかるものです。クマはあきらめます。シェパード犬を一頭導入させてください。一年後には、何らかの形でお客様を楽しませる企画を作ります。」と。

 これが通らなかったら、自分のアニマルトレーナー人生はおしまいだと思いました。

そして、私の願いは通じました。

 

2008年の12月25日。ウルフカラーのシェパード「ハチロー」がカドリーにやって来た日です。生後8か月たっていました。自分で言うのもなんですが、かなり優秀な血統の犬でしたから、8か月で買い手がついていなかったのは奇跡です。

ペットならまだしも、シェパードは使役犬ですから、子イヌしか売れないというわけでもないのです。

 

 名前はすぐに思いつきました。2008年のクリスマスに、生後8か月で出会ったから「ハチロー」です。ちなみに、「ロー」と伸ばすのはしなやかな立ち居振る舞いが「イチロー」を連想させたからです。

 

そして約1年がたった時、園内の動物とスタッフでペアを作って、人気投票をしようという企画が持ち上がりました。私とハチローは、園内でフライングディスクをお見せしたり、子供たちと輪投げをして遊んだりしたのがウケて、1位に輝きました。

次の年には、ハチローや他の犬たちとまた、ステージに立てることになりました。

そして、めぐりめぐって今、私とハチローはアニマリュージョン!に出演させていただいてます。

もしハチローがいなかったら、私はとっくに他の仕事に就いていたでしょう。いや、まだ仕事がなかったかも知れません。

そんな私を救ってくれたハチローは、もはや、警察犬と言うより、人命救助犬です。

 

ハチロー君の演技はぜひ、生でご覧くださいませ。

 

f:id:mrtoma86:20141013111411j:plain

 この目線の先には、もちろん大好きな私…の持ったボールがあります。