読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mr.トーマのアニマリュージョン!ブログ

アニマリュージョン!は熊本県阿蘇のカドリー・ドミニオンで行われているファンタジックアニマルショーです。このブログではショーだけに関わらず、広く地域情報や動物訓練に関しての話題を提供しております。

犬の嗅覚

犬の嗅覚って、人間の何万倍とか、人によっては一億倍とか言われますよね。

この間、餌をあげようとした時に、手を滑らせてバットをひっくり返してしまいました。シェパードのハチローの分です。拾うのも面倒だったし、床も汚れていなかったので、本当はよくないんですが、つい、「よし」と、そのまま給餌にしてしまいました。

床に散らばったフードをハチローが食べて歩きます。しかし最後の1粒を探しきれずに、いつまでもフンフンと床を嗅ぎまわっているんです。私には、見えています。もう、もどかしくってしょうがありません。

 こんな時こそ、脳内会話の始まりです。

 

私「なんでそんな簡単なことができないの?一億倍の嗅覚って何?」

ハチ「いや、全部同じにおいってのはね。『ウォーリーを探せ』みたいなものだよ。」

私「どういうこと?」

ハチ「『ウォーリーを探せ』は知ってるよね。あれでさあ、視力が1,0の人と、2,0の人が対決したとするじゃない。で、2,0の人が2倍の速さで見つけられるとは限らないでしょ。」

私「ああ、そういうことか。よくわかったよ。ありがとう。」

ハチ「どういたしまして。はっはっはっ」

私「…まてよ。お前、誰だ。なぜ犬なのに、『ウォーリーを探せ』を知っている?」

ハチ「ばれたか。また会おう。さらばだ、明智君!」

 

結局私の、自問自答だったようですね。

自問自答ついでに言えば、たぶんこういう時の犬って、カーナビでどこかに行こうとしてて、まだ目的地の入口がわからないのに、「目的地に着きました」って言われちゃった時の人間の気持ちと、同じなのではないかなと、ひそかに思っています。

 

f:id:mrtoma86:20141013112406j:plain

 会話できなかったひと?あっ、ハーイ