読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mr.トーマのアニマリュージョン!ブログ

アニマリュージョン!は熊本県阿蘇のカドリー・ドミニオンで行われているファンタジックアニマルショーです。このブログではショーだけに関わらず、広く地域情報や動物訓練に関しての話題を提供しております。

コンゴウインコのチビちゃんのフライングフォーム改造計画 その7

今回は結果からお伝えすると、少しづつ距離と高さを伸ばし、とうとうチビちゃんが中央のリングを、本来の高さでクリアできるようになりました。

これも前回のレベルから、4~5日はかかりました。

f:id:mrtoma86:20161129124551p:plain

いつもの使いまわし写真ですが、この高さのリングをクリアしたんです!

 

ここまでのレベルになってくると、鳥も一回のフライングで相当に体力を使うようで、何回も連続しての訓練はできません。

初期の頃の「タップ」は野球で言うならバットの素振りのようなもので、短時間に回数をこなすことができましたが、もうここまでくると、合図を待ってましたとばかりに飛ぶのは最初の2回くらいです。

 

そして、飛びたい、飛びたくないの意思がはっきりと伝わるような感じになってきました。チビちゃんがやる気がある時はしっかりリングを見つめ、まだやりたくないという時にはそっぽをむくのです。

 

もともとが今回の一連の訓練の狙いは、タイトル通りの「フライングフォーム改造計画」です。その意味では確かに今までとは違って、チビちゃんがやる気がある時には、こちらの手にも鳥が踏み切る時の力強い反発を感じます。

特に、距離が短いままでリングをくぐり抜けるには、トレーナーの腕の振りで「とばされる」のではなく、鳥が能動的に動いて自ら飛び立つようでないと狙いが定まりません。

しかし、今回ほど距離と高さが離れてくると、多少こちらが飛ばしてあげる方が鳥の負担は少なくなるはずです。マイケルジャクソンとかが、コンサートでステージの床から飛び出してくるような装置を、トレーナーの腕が肩代わりする感じですね。

 

これをチビちゃんがまだやる気のある最初から、ちょっと強めにやってみました。それによってフライングの負担が減れば、2回で疲れるところがせめて4回くらいは平気になるのではないかと。

 

最初は割と上手くいきます。

しかし、それをやっているうちについ、ちょっとくらい鳥が疲れていても、こっちが飛ばしてあげればできるのじゃないかと欲が出てきます。そうして結局、元の木阿弥、後ろの方に体重をそらして、エビのようにのけ反るようになってしまいます。

そうなったらまた前回のレベルに引き落とし、自発的に飛ばし、まあこのくらいかなと折り合いをつけるように腕の振り加減を決めていきます。

根気勝負ではありますが、本来動物の訓練はこのように3歩進んで2歩下がるようにして上手くなっていくものです。これまでの訓練の足跡から簡単に2歩下がれるようになったのが大きな成果だ、と、自分にいいきかせます。

動物トレーナーを悩ませる大きなジレンマの一つである、たくさん練習をしたくてもできない、いわるゆる「強化のチャンスが少ない」ということを存分に味わう期間だと割り切ります。

 

とまあ、内面描写はさておき、そんなこんなで疲れる前の3~4回は確実にできるようになってきたので、いよいよ次回からはリングの数を増やすことに挑戦です。