読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mr.トーマのアニマリュージョン!ブログ

アニマリュージョン!は熊本県阿蘇のカドリー・ドミニオンで行われているファンタジックアニマルショーです。このブログではショーだけに関わらず、広く地域情報や動物訓練に関しての話題を提供しております。

コンゴウインコのチビちゃんのフライングフォーム改造計画 その9

もう能力的にはできてもおかしくないはずなのに、リング3つのうち一つだけを避けて通るチビちゃん。

 

もう、もどかしくてしょうがありません。

これまで培ってきた動物訓練の知識と経験を総動員し、ある対処法を試みました。

それは・・・

 

f:id:mrtoma86:20161228114750p:plain

いかにも鳥が嫌がりそうな旗を近くにぶら下げてみる。

 

 

私は、チビちゃんが真ん中のリングをくぐるかどうかの判断は、ほんのささいなことだと考えました。

どちらが安全で効率よくと飛べるかの比較では半々よりほんの少し外側の方が上、つまり49対51くらい僅差な優劣の差で、ほぼ100%外側を通るのだと。

だから、外側を通った時に右側に得体のしれないものがあるというだけでちゃんとリングの中を通る方が安全と考えるのではないかと。

しかし、この方法は上手くいきませんでした。旗があってもそれに臆せず、リングの外側を通るのです。

 

仕方がないので、あきらめて練習法を変えました。

ステージ上から飛ばし、リングは1つ目と2つ目だけを設置する練習法です。

これは、非常に時間がかかる可能性があるので、できればやりたくなかった選択です。理由は順に説明ます。

 

チビちゃんは、3つ目のリングをくぐってトレーナーの腕に戻ってきたらご褒美がもらえることを、完全に理解しています。逆に言うと、3つ目のリングさえクリアすれば良いと理解しています

1つ目は、スタート地点からすでに見えているターゲットだからくぐりますが、2つ目もくぐらないといけないことは理解していません。

 

3つ目のリングだけを設置しないパターンのメリットは、2つ目をクリアしたらご褒美を与え、クリアせず戻ってきたらご褒美を与えないことで、2つ目のリングを通過しなければならないことを理解させることが可能だということです。

しかし、これを繰り返すと、今度は3つ目のリングをくぐらないで帰ってくる軌道を新たに開発させる事になります。つまり、3つ目をくぐらないための練習をしているのと同じだというデメリットがあるのです。

そのルートが強化されると、それを忘れさせるためにまた1番と3番のみの練習が必要で、するとまた2番をくぐらなくなる恐れがあります。

そうなってしまったら、さらに本来の正攻法でやりなおさねばなりません。

正攻法とは、ゴール側から訓練を初めてスタート地点を遠くしていく方法です。つまり3番のみを通過して帰ってくる軌道をまず教え、それができたら2番を追加し、最後に1番をくわえるという回りくどい練習です。

 

百里の道を九十九里をもって半ばとす」

これは目標の99%まできるようになって、やっと半分まで来たのだと思って気を抜くなという格言ですが、まさに今の状態はそんな感じです。

でも、もうほとんどできているのに、あと半分?と思いながら、次回に続きます。

 

今シーズンはほとんど季節感のないマニアックな話題ばかりでしたが、ご勘弁ください。

それでは皆様、良いお年を。