読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mr.トーマのアニマリュージョン!ブログ

アニマリュージョン!は熊本県阿蘇のカドリー・ドミニオンで行われているファンタジックアニマルショーです。このブログではショーだけに関わらず、広く地域情報や動物訓練に関しての話題を提供しております。

園内情報 ワンダーパーク

アニマリュージョン!チームに配属されて、もう2年以上経ちます。

 特に立ち上げの準備の一年間は、もうほとんど作業着で動物の訓練や雑用ばかりで、サービス業的な仕事はほとんどできませんでした。

 

そのせいか最近特に感じるのは、カドリー・ドミニオンをより客観的に見れるし、お客さんの目線で見れるんですね。

逆に、若い社員が多いですから、今働いている人たちが知らないことも多少知ってはいます。羊の話なんかもそうですね。そのエリアの人はもちろん、種については私より断然詳しいですが。

 

さて、現在のワンダーパークというエリアは、少し前まで「ふれあい動物村」という名前でした。

だけど考えてみたら、カドリー全体がふれあい型動物テーマパークですから、一エリアだけ「ふれあい」がつくのもなんだかおかしな話です。

それが、アニマリュージョン!立ち上げで園内の情報に疎くなってきたあたりで、「ワンダーパーク」に変わりました。

f:id:mrtoma86:20150102104224p:plain

雪!最初に足跡つけまくりたい!でも子供たちのためガマン!

多分、ワンダーパークスタッフ同じことを思ったはず。

 

私はもう、先祖がサルなんじゃないかというくらい、アスレチックは大好きです。

ふれあい動物村が、楽しい遊び場に変わりました。

もちろん「ふれあい」は、当たり前だからついていないのでしょうね。

 

手前味噌ですが、ワンダーパークのロゴのWに、ジャグリングをしている人のイラストがあります。これは私がイメージモデルです。

 

f:id:mrtoma86:20150103111032p:plain

実際にワンダーパーク内でジャグリングをするスタッフはいませんが、世界観がいいですね。

 

私がかつて「ふれあいパフォーマー」という名前で入場口でお客様と遊んで(?)いました。それを見ていた動物ふれあいスタッフの中には「あんな接客あるんだ!」とショックを受けた人もいるようです。だって、動物の説明とかじゃなく、本当に遊んでいたのですから。

その姿をきっと、看板を作ったデザイナーさんも目にしたのでしょうね。

 

正直なところ、私はアニマリュージョン!の為に園内から姿を消すのは惜しくもありましたし、不安でもありました。

でも、ワンダーパークを見て、なんだか安心しました。お子様たちが、楽しそうに遊んでいるからです。スタッフへの評判もおおむねいいようです。

私が子供の頃に、こんな場所があったらなあ、と思いました。

 

ただし、今の時期はもちろん寒いです。

温かいテントの中での動物たちとのふれあいもお楽しみください。

f:id:mrtoma86:20150102105012p:plain

テントの中のモルモット、いや、モルモッツ。

 

(※2016年1月現在、小動物のふれあいコーナーはカドリーホール近くの室内ちびっこどうぶつ広場に移動しています。)