読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mr.トーマのアニマリュージョン!ブログ

アニマリュージョン!は熊本県阿蘇のカドリー・ドミニオンで行われているファンタジックアニマルショーです。このブログではショーだけに関わらず、広く地域情報や動物訓練に関しての話題を提供しております。

十二支苑と干支の守り神

お正月なので、十二支苑の話題に触れておきます。

昨年末あたりだったか、私なりの十二支苑の解釈と解説をしようと記事を書き始めたら、内容がどんどんマニアックになっていきました。それで最近過去記事を削除した次第ですが、その時に調べた資料が書いてある記事まで削除しちゃいました。

 

 f:id:mrtoma86:20141109211026j:plain

 

資料とは、一般的な干支の守り神と、カドリー十二支堂の干支の対比です。

干支と神様の対応という考え方がそもそも後づけですから、諸説あるようです。

しかし情報提供によって、お客様にお好きな方を選んでいただいて(又は両方)、参拝する方が親切なのじゃないかと思った次第です。

 

干支

一般的な守り本尊

カドリー十二支堂

千手観音

弥勒菩薩

虚空蔵菩薩

勢至菩薩

虚空蔵菩薩

阿弥陀如来

文殊菩薩

観世音菩薩

普賢菩薩

如意輪観世音菩薩

普賢菩薩

虚空蔵菩薩

勢至菩薩

地蔵菩薩

大日如来

文殊菩薩

大日如来

大威徳明王

不動明王

普賢菩薩

阿弥陀如来

大日如来

阿弥陀如来

釈迦如来

 

今年は申年なので、カドリー説では大威徳明王で、一般説では大日如来です。これはどちらも十二支苑には祭られているので、参拝は可能です。しかし、私の干支である来年が問題なのです。カドリーに、不動明王がいません。

私は、十二支苑の存在を知るもっともっと前の子供の頃から、酉年生まれは不動明王という知識がありました。上杉謙信のお膝元の新潟生まれですから、それがちょっと誇らしかったんですね。

 

諸説あるという意味では、大威徳明王不動明王を同一視する説もありますが、書いているうちにまたマニアックな話題にそれていきますので、このくらいにしておきます。

 

三重の塔には、干支の動物の顔をした仏像があります。

これはこれでユニークなので、気軽にに足を運んでくださいね。

f:id:mrtoma86:20141127214720j:plain

ただし、俺たちを倒してからな!

 

※昨日のネタが気に入ったので繰り返しています。写真は去年の使い回しです。